アイピル 授乳中

アイピルは授乳中や妊娠中の女性でも服用できるのか?について紹介しています。

 

ぜひ参考にしてくださいね☆

 

 

アイピルは授乳中や妊娠中の女性でも服用できるの?

 

 

アイピルは授乳中や妊娠中の女性は服用できません!

 

アイピルは、副作用があるアフターピルですから、簡単に授乳中・妊娠中の女性が服用してはいけないんですね。

 

多くのサイトでは、「授乳中や妊娠中の女性でもアイピルの服用は可能です」

 

と紹介しています。

 

これは、アイピルを販売するためであって、本当は授乳中や妊娠中の女性は服用してはダメです。

 

アイピルは、アフターピルの中でも副作用が少なく安心して服用できます。

 

でも授乳中や妊娠中の女性は、副作用が少ないなど関係なく絶対に服用はオススメしません。

 

管理人のわたしがアイピルを購入している個人輸入代行サイトでも「授乳中や妊娠中の方は服用をやめてください」と紹介しています。

 

それほど授乳中・妊娠中の女性は、アイピルを服用するのが危険なんですね。

 

(アイピルだけではなく、副作用がある医薬品やサプリメントの服用は危険です)

 

授乳中・妊娠中の女性がアイピルを服用すると、どうなるのか?を見ていきましょう。

 

アイピルを授乳中や妊娠中の女性が服用するとヤバイです…

 

 

授乳中や妊娠中の女性がアイピルを服用すると、赤ちゃんに悪影響が出ます!

 

自分自身だけの問題ではなく、母乳をあげている赤ちゃん・お腹の中にいる赤ちゃんにも悪影響が出てきます。

 

授乳中や妊娠中は、デリケートな時期となっています。

 

そのような時期に副作用があるアイピルを飲むのは危険なんですね。

 

授乳中や妊娠中にアイピルを服用して、万が一副作用が出た場合は取り返しが付かなくなります。

 

そうなってしまっては、後悔しますよね?

 

あなた自身だけではなく、赤ちゃんのことも考えて避妊するようにしましょうね。

 

授乳中や妊娠中に性行為をする場合は、必ずコンドームで避妊行為をしましょうね!

 

アイピルは女性以外の男性でも購入が可能?

 

 

アイピルは、女性以外の男性でも購入が可能です!

 

アイピルを病院や産婦人科などで処方してもらう場合は、女性しか購入できません。

 

病院や産婦人科では診察を受けた方しか購入できませんので、男性のみはムリなんですね。

 

男性の中には、「彼女や奥さんのためにアイピルを購入してあげたい」という方もいますよね。

 

そんな心優しい男性でも購入する方法があるんですよ!

 

市販の薬局・ドラッグストアでは販売していませんから購入は不可能です。

 

病院・産婦人科も女性しか購入できませんから、男性は不可能です。

 

そこで購入するのにオススメが、通販サイトです!

 

男性がアイピルを購入する方法☆

 

 

男性が女性用のアイピルを購入する唯一の方法が、通販サイトを利用することです!

 

管理人のわたしも利用している通販サイトなら男性や女性など関係なく購入が可能です。

 

通販サイトでも楽天・amazonでは販売していませんが、個人輸入代行サイトなら購入が可能です☆

 

通販の個人輸入代行サイトは、医薬品を購入するにはオススメです!

 

管理人のわたしも利用している個人輸入代行サイトのメデマートは、1箱あたりの最安値が700円〜となっています。

 

1箱あたり700円〜で購入が可能ですので、若い女性や男性でもムリなく買えますね☆

 

1番高い金額でも1箱あたり1,213円と低価格です。

 

少しでもオトクにアイピルを購入したい方は、個人輸入代行サイトのメデマートを利用してくださいね♪

 

メデマートは、男性が彼女や奥様のためにアイピルを購入することも可能ですよ☆

 

アイピル授乳中のまとめ

 

 

アイピルは、授乳中・妊娠中の女性の方は服用できません。

 

管理人のわたしが利用している個人輸入代行サイトのメデマートでも授乳中や妊娠中の方の服用は禁止とされています。

 

デリケートな時期にアイピルを服用するのは、とてもリスクがあり絶対にオススメしません。

 

自分自身の問題ではなく、赤ちゃんにも悪影響が出ますので、絶対にやめましょうね。

 

万が一、そのような時期に性行為をする場合は、必ずコンドームなどで事前に避妊行為をしましょう。

 

アイピルは、女性以外の男性でも購入が可能です。

 

病院・産婦人科での男性の購入はできませんが、通販サイトなら購入が可能です。

 

彼女や奥様のために個人輸入代行サイトのメデマートで、アイピルを購入してみてはいかがでしょうか?